2006年05月09日

したらばに便乗して

自分なりに裏京と表京の比較をしてみようと思う。ほんとに個人的見解なんですがどうぞ。


まずREDキックと弱弱ムシキと毒ガミは裏京にはないし、特にREDキックは裏京には代用できるものもないので、この時点では立ち回りでの気絶値、近Cからのコンボの威力と気絶値、小足からのコンボの威力などは完全に表が上回っていると。
裏京の強朧車は無敵を利用して、キャラによっては反撃や割り込みに結構使える。
強昇竜はガードポイントの有無なだけでほぼ変わらない。


上記のものはとりあえず置いといて、よく比較の対象にされる荒ガミと闇払いについて。



Oまず表京の荒ガミに対する考察。

長所
・追加全段入れば、牽制とはおもえないぐらいのダメージ+端に寄せれる。
・ガードのさせやすさの割にはガークラ値が高め(18)。
・間合いと相手のジャンプ攻撃次第では小ジャンプに引っかかったりする。
・必殺技なので空中であたればダウンが取れる。

短所
・ガードポイントがあるものの、中距離牽制としては発生が遅いし硬直がでかい。
・追加でちょっとはごまかせれるけど、それでも飛ばれるときつい。
・下段に弱い。
・必殺技なので潰されるとカウンター扱い。
・カウンターでもない限り荒ガミ単発のダメージは安い。

とゆうことなので、個人的に荒ガミは中距離で牽制合戦になった時に、相手の牽制をガードポイントで耐えつつ殴る・・・とゆう使い方じゃなくて、連携の一環として、自キャラが有利な状況下(フレームであったり空気であったり)で出すもんだと思います。
中距離でいきなり出すのもいいときもあるけど、発生の遅さを帳消しにするぐらいのセンスが必要だと思います。



Oんで裏京の闇払い考察。
長所
・隙が割と少ない。
・当然だけど、読み勝てば飛び道具なので相手の牽制技を全て潰せる。
・またまた当然だけど端まで届くので、どこにいても闇払いのプレッシャーがある。

短所
・飛ばれたら終わる。
・ガークラ値は高くない(13)

まあいたって平凡な飛び道具だなーとw




んで共通の通常技も踏まえてそれぞれどうゆう立ち回りになるか考察。
ここでは通常技の中でも個人的に京の要となっていると思う屈C、屈D、近C、近D、ジャンプB、ジャンプD、ジャンプCD,奈落落としに注目して書きます。






・・・とノリノリで書いてきたけどしんどくなってきたので次回にw




てか今思ったら改めて自分が書く内容でもないなーとか思った!!w

posted by 海 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。